ルーナ ナチュラルアップ クリームの副作用成分が心配!プエラリアはあるの?

ルーナナチュラルアップクリームにはどのような成分が配合されているのでしょうか?体に直接塗るものなので、やはり安全性は気になりますよね。プエラリアなどは入っているのでしょうか?副作用はあるのでしょうか?今回はルーナナチュラルアップクリームに配合されている成分について、徹底的に調べてみました。

バストアップケアのルーナ・公式HPはこちらから

ルーナナチュラルアップクリームの成分①3大バストケア成分

(1) ボルフィリン
→ふっくら感を作る成分です。プエラリアを超える成分として注目が集まっています。
(2) アディフィリン
→植物由来のアミノ酸が結合してできた成分です。ボリュームをサポートして、しなやかで女性らしい体へと導いてくれます。
(3) エラスチン
→コラーゲンの働きをサポートして、ハリと弾力のある肌へと導きます。理想のバストに近づくために欠かすことのできない成分です。

ルーナナチュラルアップクリームの成分②4種のめぐりサポート成分

(1) クダモノトケイソウ果実エキス
(2) グルコシルヘスペリジン
(3) センブリエキス
(4) イチョウ葉エキス
体のめぐりを良くするために、これらの4種類の成分がふんだんに配合されています。温めながらマッサージをすることによって、ふっくらとしたバストへと導いてくれます。

これらの成分が肌のすみずみまで行き渡るように最大1/100に微粒子化しています。

ルーナナチュラルアップクリームの成分③女性らしさを育む3つの成分

(1) ザクロエキス
(2) ハーベックスアンチリンクル
(3) レッドクローバー
ザクロエキスをはじめとして、3種類の成分も贅沢に配合されています。毎日バストケアをすることによって、女性らしく美しいシルエットに近づきます。

ルーナナチュラルアップクリームの成分④たっぷりの美容成分

この他にもルーナナチュラルアップクリームには、たっぷりの美容成分が配合されています。10種類の潤い成分と、10種類の透明感ケア成分が配合されています。

ルーナナチュラルアップクリームの成分の嬉しいポイント

ルーナナチュラルアップクリームでは大切なお肌への優しさを考え、10種のフリーとなっています。合成香料や合成着色料などが不使用となっています。またパラベンフリーや石油系界面活性剤フリーなども嬉しいポイントです。
そしてプエラリアなども配合されていません。プエラリアの副作用の報告が実は相次いでいます。胸が大きくなるはずが、健康被害が大きくなっているのですね。ルーナナチュラルアップクリームにはプエラリアは配合されていないので、安心です。

まとめ

ルーナナチュラルアップクリームにどのような成分が配合されているのかについて、調べてみました。ルーナナチュラルアップクリームには副作用の心配がある、プエラリアは配合されていません。安心して使用することができるバストアップクリームとなっています。
LUNAナチュラルアップクリームでバストアップする